カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
限定先着50足20%オフ!一本下駄のファーストチョイス。最適な着地、最適な軸、踵からの地面反力、体幹の連動、「体性感覚」を高める設計の一本歯下駄。進化し続ける2011年からのロングセラー商品。
20%オフ一本歯下駄GETTA S・M兼用サイズ(24儖焚次
4,400円(内税)
定価 5,500円(内税)
各オプションの詳細情報
サイズ S・M兼用24センチ以下
カラー ブルー
4,400円(内税)
カラー ピンク
4,400円(内税)
001-GET-KU- M
20%オフ一本歯下駄GETTA S・M兼用サイズ(24儖焚次
4,400円(内税)
限定先着50足20%オフ!一本歯下駄GETTA(足半下駄)は、一本歯下駄のファーストチョイスとして最も支持されてきたロングセラー商品です。

2023年4月より、一本歯下駄GETTAの正規品はつくりてである「みかも下駄斉藤」と焼き印を入れています。

【一本歯下駄を最初に購入するなら一本歯下駄GETTA から】

一本下駄に興味を持ちつつも、「どの一本下駄を購入したらいいかわからない。」「一本下駄でどんなトレーニングをしたらいいかわからない」という方は、先ずはこちらの一本歯下駄GETTAのご購入をお勧めいたします。


一本歯下駄GETTA は「最適な着地」、「最適な軸」、「踵からの地面反力」の3大要素で設計されたアクティブに使える一本歯下駄です。

走りのトレーニングにおける一歩一歩の質を最大化する着地感覚。

みぞおちから、股関節から足元をとらえるような軸。

多くの選手が使いこなせていない、つま先と踵の使い分けと踵をつくことでの伸長反射。

そうした要素によって計算されて作られた唯一の一本歯下駄がGETTAになります。


※サイズ※
M:15.0〜23.5cm(ブルー・ピンク)
L:24.0〜28.0cm(ブラックのみ)

Mサイズの鼻緒の柄は時期により異なることがございます。ご了承ください。


【トライポッドフットが形成されると同じ筋肉量でも扱える重さが変化。スクワットの効果が変化&】

トライポッドフットとは?

 英語の「tri」には3という意味がありまして「tripod」は正しく3脚という意味になります。トライポッドフットは3点支持の状態であり、その3点とは、母指球、小指球、そして踵です。
 そしてその3点のどこにももたれないようにバランスよく踏んで身体を乗っけてあげると土踏まずの中に自分の軸が来てそこに乗ってる感覚になります。どこか1点を強く踏んでしまうと軸が土踏まずから外れるので不安定になります。
カメラを設置する三脚の一般の脚だけが短い状況を思い浮かべていただいたら、バランスが悪いのをイメージできると思いますが、多くの人はこの一本の脚が短い状況です。そこを改善しないことで膝や腰に負担がきてしまったり、使うべき筋肉が使われない状況が起こります。


【トライポッドフットが機能するとどう良くなる?】


 例えばスクワットで、軸に沿った場合と、ズレている場合だと感じる重さが格段に違います。

トライポッドフットを意識して軸を土踏まずに納めながらスクワットをすると安定し、実際の重さよりも軽く感じます。このようGETTAでトライポッドフットを機能させるとトレーニングの質を変えていくことが重要な点になります。


例えば、母指球に乗り過ぎている方の場合、どうしても膝が内側に逃げる事になります。これが場合によっては膝を痛めてしまう可能性を高くします。一本歯下駄GETTAで踵を踏むステップワークは、鼻緒で足底が捻れす、足底や足指の筋力活動が上がり面で捉えてくれるようになります。一本歯下駄GETTAの歯の位置の設計と踵部分がない、半分の形状がこの足の中心軸をまっすぐいくことをさらに促しトライポッドフットを高めます。


こうして踵を踏むステップワークによって、軸が本来の位置である土踏まずの中に戻ってきます。重心軸の軌道が長くなり、安定してくると使われる筋肉も変わってきます。内転筋やハムストリングスなど使うべき筋肉が稼働してくれる感覚になっていきます。

トライポッドフットに着目して、一本歯下駄GETTAを使うことで立つ、歩くの感覚が変わり、トレーニングの質を向上させ、生活の中の質や癖を改善することが重要です。


良い姿勢と悪い姿勢、良い歩き方と悪い歩き方というのは、このトライポッドフットが土台となります。例えば、「腰」という悪いと思われる一箇所を改善するのではなく、トライポッドフットという身体の土台を改善することで、全体の改善を促します。

一本歯下駄GETTAは、トライポッドフットに着目した一本歯下駄であり、トレーニングギアです。


【一本歯下駄GETTA は次のステージに行くための一足】

一本下駄に興味を持つ多くの方には、「試合に出たい」「タイムを縮めたい」「スコアをよくしたい」「プロ選手を目指したい」「走り、動きのクセを修正したい」「足が速くなりたい」「ドリブルで相手選手をどんどん抜いていける選手になりたい」といった目的があります。


ただし、真ん中に歯のある一般的な一本下駄でその目的を達成するためには、実は「コツ」が必要です。
多くの方は一本下駄=バランストレーニングや体幹トレーニングとして捉えてしまい、その「コツ」について気づくことができず、一本下駄の本来の効果を得ることができていません。


そして一本下駄を使いこなすための「コツ」は重心の位置、重心移動、重心のかけ方など、感覚の中で捉え、身につけていくもののため、通常の真ん中に歯のある一本下駄を履いて歩く、走るの中で自然と勝手に身についていくものでもありません。これが真ん中に歯のある一本下駄の問題であり、多くの選手が一本下駄でトレーニングをしても腸腰筋にアプローチできなかった点です。


一本歯下駄GETTAは、その習得が難しい「コツ」を、履きながら後ろ向き歩き、前向き歩きの往復で身につけられるようにつくられています。それによって、自ずと「コツ」を身につけ、その効果を得ることができる一本歯下駄GETTAでのランニングやトレーニングは、他の一本下駄と比較しても競技力向上に直結しやすいものとなっています。


そして勿論、この一本下駄の「コツ」こそ、競技力に直結する「コツ」でもあります。一本歯下駄GETTAによって、一本下駄の本来の効果を得るための「コツ」を身につけた時、今まで行ってきた通常のトレーニングにもちょっとした違いが生まれていきます。そしてそのちょっとした違いは競技中での動きも同様です。

このちょっとした違いが「コツ」であり、多くの人々が「センス」「才能」と呼んでいるものになります。「今まで同じ努力、それ以上の努力をしても、この選手のようにはなれない。努力でそこの領域にはいけない。」そう印象付けてきた「コツ」が一本歯下駄GETTAを使用することで解明されてきます。


世界中を熱狂させるサッカー選手がディフェンダー3人に囲まれ、身動きが取れなくなった時に魅せる、華麗に抜けていくあの「一瞬の動き」。


ほぼノーモーションで行うワンタッチのパスやシュート。


これらのプレイも、重心の位置、重心移動、重心のかけ方など一本下駄の「コツ」と深く関わりがあります。その再現には、筋力や神経の成長、視覚としてとらえられる情報を何度も真似ることよりも。踵を踏むことでの反射、骨盤操作、重心移動といった「コツ」を感覚として持つことの方がが重要です。

こうした理由でスポーツ工芸ブランドARUCUTO では先ずは一本歯下駄GETTAをお勧めさせていただき、その後、真ん中に歯のあるタイプの一本歯下駄や後ろ一本歯下駄と進んでいくことをオススメしています。

ただ、一本歯下駄GETTAは、通常の一本下駄と比べて歯の高さがとても低く、ソールは踵部分がありません。

そのことは、歯の高さのある一本下駄と比べて効果が劣る印象にもなりがちですが、そんなことはありません。


一本下駄のバランストレーニングとしての重要性を「微細に連続的にバランスをとろうとすることにある」と分析した上で、一本歯下駄GETTAでは歯を低くし、踵部分のソールがないことで、カンガルーのように筋腱相互作用を起こしつつ、踵を踏むことでの腸腰筋の反射、つま先を畳むことでの腸腰筋の更なる反射が身につけられるようにできています。


そして、トレーニングシューズの高機能インソールが発達する現在のスポーツ界の中、逆に高機能インソールを必要としない、足指、足裏を獲得できるようにつくられています。それによって、骨盤周りや胸郭への連動、動きの誘発を足元から起こすことのできる身体になるためのメソッドが一本歯下駄GETTAにはあります。


実際に一本歯下駄GETTAは、先ずは裸足でフルマラソンを完走するようなはだしランナー、ベアフットランナーに「足裏の感覚がより鋭くなる」「裸足ランニングが身につきやすくなる」ということで人気が始まり

その次に、オリンピック選手をはじめとしたトップアスリートに「自分が自己ベストをだした、あの良かった時の感覚でトレーニングができる」「常に、求めているいい感覚でトレーニングができる」「指導現場で、子どもたちに伝えたかった言語化しにくい大切な感覚を伝えることができる。」と広がっていきました。


一本下駄のコツが掴め、競技力アップのコツがつかめ、歯が低いことで何処でも持ち運びができ、いろんなトレーニングに応用ができる一本歯下駄GETTAは、1番オススメな一本下駄です。今まで通常の真ん中に歯のある一本歯下駄を使ってこられた方は一本歯下駄GETTAの導入によって、一本下駄での本当の走りを実感できるものだと思います。





【一本歯下駄GETTAの踏む動作の効果】

腱の反動によるエネルギーの解放は、運動中におけるパワー発揮の増大とエネルギー保存の両方の役割を担っていると考えられています。

腱は伸張することによりエネルギーを貯蔵し、反動によりエネルギーを解放する能力があるため、直列弾性要素(SEC)内のエネルギーの貯蔵にとってカギとなる重要な部位であると考えられています。この能力を一本歯下駄GETTAでの踏む動きをゆっくりと行うことで育てていきます。


※TV紹介情報※
NHK「おはよう日本」「ためしてガッテン」
フジテレビ「新春大売り出し!さんまのまんま」「ミスターサンデー」
テレビ朝日「徹子の部屋」「サタデーステーション」「報道ステーション」
TBSテレビ「バースデイ」「水曜日のダウンタウン」
日本テレビ「ZIP!」「スッキリ」「news every .」「news zero」
読売テレビ「かんさい情報ネット ten.」「あさパラ!ハイヒール・モモコのモモタン」
関西テレビ「よ〜いドン!」「ウラマヨ!」
この商品を購入する