ホーム
0
カテゴリー
グループ
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
  • ホーム
  • 一本歯下駄の鼻緒がキツいと感じた時の対処方法

一本歯下駄の鼻緒がキツいと感じた時の対処方法をご紹介します。

下駄に慣れていない方に多いのが到着した一本歯下駄をいざ履いた時に感じる鼻緒のキツさです。 鼻緒の調整につきましては本ショップページでご紹介しているように調整していただけたらいいのですが、もう少し手軽に一本歯下駄の鼻緒と自身の足の馴染みを高めたいという方向けにこのページでは鼻緒の対策方法をご紹介させていただきます。



先ずは100円ショップのアイテムによる対策です。実は多くの一本歯下駄ユーザーが活用しているのがシューズのかかと用ジェルゴムを鼻緒につけるという方法です。この方法では足の親指と人差し指の間の痛みを減らすことができ、特に長時間一本歯下駄を履かれる方にはオススメな方法です。


次に鼻緒の型をつけるという方法です。これは野球のグローブの型付けを思い浮かべていただけたらわかるかたもいると思いますが、丸めた新聞紙やテニスボールなどを鼻緒に押し込めることで、鼻緒を足と馴染むやすい伸縮性につくっていきます。

特に購入当初の一本歯下駄は鼻緒がきつく締めていますので無理してキツいまま履くのではなく、履いていない時は一本歯下駄に新聞紙などを詰め込んでいただくことをおすすめします。