★通常の一本歯下駄と小平選手特製の一本歯下駄、一本歯下駄GETTAの違いは?

 

通常の一本歯下駄は真ん中に歯があり、小平選手のものは前側に歯があるとともに踵部分がありません。

小平選手の特製一本歯下駄や一本歯下駄GETTAは真ん中に歯のあるものよりも、重心をよりピンポイントに正しい位置に導くことができます。

大腰筋や足裏のアーチ、足指への効果や連動性もも真ん中に歯のある通常の一本歯下駄よりも小平選手の特製一本歯下駄や一本歯下駄GETTAの方が効果的です。

→踵のない一本歯下駄の方がスケートリングを効率よく滑るための感覚、陸上で走る際に筋肉に頼りすぎず、慣性力を活かして推進力を得る感覚をダイレクトに掴みやすくなります。

真ん中に歯がある一本歯下駄は、ラグビーなどのようにstop and go の動きのある種目にあっています。

ただし、前に進む力、止まる力の両方のトレーニングになる分、直接的に前進するためのトレーニングになりにくく、ポイントが曖昧になりやすいため、一本歯下駄GETTAの効果を得るためには技術が必要になってきます。

 

スピードスケートのように前進する力のみ、スピード勝負の競技においては、前に歯がありかかと部分のない一本歯下駄が有効といえます。

 

★真ん中に歯がある通常の一本歯下駄と特製の一本歯下駄や一本歯下駄GETTAの違いがもたらす効果は?

 

歯が前にあり、踵部分に台のない小平選手の一本歯下駄や一本歯下駄GETTAは、踵に重心がかからないと前に倒れてしまったり、つま先部分がついてしまいます。

前回のオリンピック時の小平選手の重心の取り方はレース中も常につま先側にあり、それによってレース後半に失速がありました。このつま先側だけに重心がかかることでの限界は歩く、走るという陸上競技でもいうことができます。

(多くの人がつま先で蹴ることで速く動けるとイメージしており、そうした選手が多いのも確かですが、踵に重心をかける、踵を踏むことで前への推進力をえる方がしなやかに速く、疲れない動きができるようになります。)

 

小平選手特製の一本歯下駄や一本歯下駄GETTAを履いているときに、つま先側に倒れないようにするために、バランスを取ろうと、踵に十分な重心がかかり、それが効率の良い、力の入れ方と伝達につながりを生みます。

 

この重心のかかりは大腰筋に作用するので、上半身と下半身の連動にも繋がっていき、しっかりと力を抜くことができる状態でパワーを使うことができ、後半になっても疲れにくい滑りや走りになっていきます。

小平選手は踵へ重心をかける感覚を、特製の一本歯下駄で養うことで、大腰筋がしっかりと使えるようになり、腿裏やふくらはぎばかりに頼らなくて良いので、他のトップ選手と比較してもロスのない滑り、氷をしっかりと捉えれるようになっています。

 

更に詳しくみていくと、他の選手が腿の高さぐらいのところから蹴るようにして力を伝えているのに対して、小平選手は大腰筋のあるおへそぐらいの高さから押して捉えるように力を伝えることができています。

また、一本歯下駄でのトレーニングは小平選手がオランダ留学で培った新フォームとも大きな関係性があります。

新フォームは従来のフォームと比べ、重心を低く保つことができ、日本の伝統芸能の一つであるお能の能楽師が舞台を舞うときと同じように腰が入るようになっています。

そのことで上下左右のブレがなく、上下左右に逃げていたエネルギーを前に移動する力として使うことができます。

それでいて体幹をはじめ、全身の力を効率よく伝えられています。

しかし、この腰を入れる新フォームは全身の力を発揮できるという利点とともに、腰への負担で怪我のリスクも潜んでいます。

それを小平選手はレースや練習前に一本歯下駄をルーティンにいれることで大腰筋を活性化した状態をつくることで、腰への負担を減らし、尚且つ、踵を踏む感覚も養うので身体状態としても身体動作としても、一本歯下駄によって新フォームの利点を最大限に発揮できるようになっています。

 

★一本歯下駄でのトレーニングが小平選手の強さのどの部分に繋がるのでしょうか?

再度の解説になりますが、小平選手の一本歯下駄でのトレーニングは、新フォームととても相性の良いものであり、一本歯下駄でのトレーニングによって、以前の前側に重心がかかりすぎていた非効率な部分が、踵への最適な重心の掛け方につながっています。

 

それにより氷に力を伝える際のロスが格段に減り、レース後半の強さに繋がっています。

 

☆腰を入れるとは

こちらが能楽師の腰の入れ方の動画になります。

http://youtu.be/OHH0vmWgoXo

陸上のボルト選手、サッカーのメッシ選手と各競技の世界トップ選手がこの姿勢に近い形を作り、お尻や丹田から押すように走っています。

小平選手はオランダ留学での新フォームでこの腰を入れたフォームを手に入れたことでスケートリングへの力の伝達の仕方、身体の使い方が変わり飛躍しました。

(それまでの小平選手はこの腰を入れるが全くできていなかったので、世界大会でもあまり勝てていませんでした)

 

踵への重心のかけ方、腰の入れ方が飛躍の大きなポイントですが、そのどちらも踵のない特製一本歯下駄が重要な役割を担っています。

 

★通常の一本歯下駄と一本歯下駄GETTAのように前に歯があり踵部分のない一本歯下駄の違いはわかりましたが、踵に歯のある一本歯下駄はどんな特性がありますか?

 

実は踵に歯のある一本歯下駄と一本歯下駄GETTAのように前に歯があり、踵部分がない一本歯下駄は、見た目が大きく違うものの、狙うポイントはほぼ同じところにあります。

後ろ歯一本歯下駄は、履いて立つところから踵に重心をかけることが無意識にできることから、誰もが踵に重心をかけることでの大腰筋の働き、膝抜き動作、一歩目の推進力を獲得できます。 無意識に誰もができるということが大きなポイントになります。

一方、一本歯下駄GETTAのように踵部分のない一本歯下駄もこれまでも記述してきましたように、踵を踏む、踵に重心をかけることで、後ろ歯一本歯下駄と同じ状態になります。

大きな違いは後ろ歯一本歯下駄が、無意識でポイントを獲得できることに対して、一本歯下駄GETTAのように踵部分がない一本歯下駄は、踵に重心をかけようとする行為によってそのポイントを獲得できます。

返品について

返品期限
商品到着後10日以内(未使用のものに限る)
基本的に返品は受付ておりません。 
返品送料
返品の際の送料は不良品、欠品の場合は弊社負担
それ以外はお客様のご負担となります。 

配送・送料について

宅配便(クロネコ)
 

支払い方法について

クレジット


VISA・ダイナーズ・マスターカードに対応しております。 
楽天ペイ(楽天会員ID支払ポイントが貯まる!使える)
楽天ペイ機能を使用して一本歯下駄をはじめとした商品を楽天ショップ同様に楽天会員IDによって購入出来ます。
購入後そのまま楽天会員IDの認証に進みますのでブラウザを閉じずにお待ちください。手続き中に 戻るボタンや画面を閉じてしまうと決算がうまくできませんのでご注意ください。決算がうまくできなかった際は銀行振込にてお願いしております。
 
銀行振込(ジャパンネット銀行)
指定の口座への振込確認後の発送となります。 
代引き配送