一本歯下駄達人への道 第7話家の中で足が速くなるトレーニング

 

足が速くなるトレーニングというと立ち姿勢で行うトレーニングが多い中、今回のトレーニングは腕立て伏せの姿勢でのトレーニングになっています。

一見すると体幹トレーニングにみえますが、一本歯下駄を手につける、特に一本歯下駄GETTAを手につけることで重心が変わり、その効果は大きく変わっていきます。

一本歯下駄を手につけずに行えば単なる体幹トレーニングになりますし、バランスディスクなどでの大替でおこなうと単なるバランスをとりながらの体幹トレーニングになります。

 

一本歯下駄があるからこその重心軸をとらえた上ので体幹トレーニングで胸郭と骨盤の関係性や大腰筋が上半身と下半身をいかにつなげているかを感じ取ってみてください。

 

地味ですし、一見多くのところでやっていそうなトレーニングですが一本歯下駄GETTAを手につけておこなうことで全然違うトレーニング効果、トレーニング後の動きの変化が実感できるはずです。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。